家にプライベート空間を作ろう

近年、家をリフォームする際に重要視されているのが就寝するための部屋ではなく、家族やパートナーから干渉されることがない完全なプライベート空間です。

分かりやすいのが個室のトイレです。

トイレは特別広い空間ではないのにも関わらず、トイレにいる時にホッとする感じはありませんか。

そんな空間を求めているヒトが多いのです。

大好きな家族と一緒に過ごせる様な開放的なリビングにしても、何かに集中して物事をしたい、今あまり家族と言えども関わりたくない、という時は誰にも必ずあります。

自分が1人になりたいと思った時に外出ができれば良いのですが、1人になりたいから外出しようとしたら買い物を頼まれてしまった、子供も一緒に来てしまった、では意味がないのです。

そのため、最近はリフォームする時に旦那のプライベート空間、妻のプライベート空間をそれぞれ作るケースが増えています。

夫婦喧嘩をした時に寝室が一緒だと、怒りが治まっていないのにも関わら一緒に寝るとなればストレスもたまり、夫婦喧嘩が再発する可能性もあります。

しかし、それぞれのプライベート空間があれば、ケンカをしてもそこの部屋にいることができればストレスも減ってきます。

一緒に寝たくないと思えばプライベート空間でたまに寝ることで、スッキリします。

だからこそプライベート空間は必要なんです。

プライベート空間に好きな小説を置いたり、趣味のモノを置いたりするだけでも違ってきます。

最近では、自宅で仕事をするヒトが増えたために仕事部屋を設けるヒトが増えて来ています。

時代のニーズに合わせて部屋の使い方も変わってきますが、プライベートの空間は必要なことにはかわりないです。

You may also like...