意外と知らない給湯器のトラブル

マンションに設置してある屋外給湯器は、それぞれの部屋のポーチの中だったり玄関をあけてスグのコインロッカー的な所に入っていることが多いです。

屋外給湯器の周りにはガス管や水道管など、それぞれの部屋の管があります。

そこにはガスメーターや水道メーターなどがあり、基本的には水道局のヒトやガスの検針のヒトが開けれる様な作りになっている方が多いです。

しかし屋外給湯器は、カバーが付いているのでこれらのメーターや管が入っているロッカーを開けても給湯器の様子を見るコトが実は難しかったりします。

そのため、屋外給湯器のカバーの下で何か異常が発生したとしても分からないので怖い部分はあります。

給湯器は水をお湯にするためにガスで水を温めてお湯にして水道から出ます。

つまり給湯器の中では火が燃焼しているのです。

ガス管などもあるので、もしもガス管に穴が空いていて給湯器から火が漏れる様なことがあれば爆発することもあります。

だから本当は怖かったりします。

給湯器の寿命は10年です。

10年が経過したら、一度給湯器メーカーのヒトに異常などがないか点検をしてもらうことをオススメします。

しかし点検は異常があって呼んだわけではないので、有料になるのでどれくらいの金額になるかを聞いてから点検をお願いしましょう。

また製造物責任法によって、給湯器とは言えどもパーツは10年間しかありません。

初めて生産されてから10年が経過してしまうと、消耗パーツなどは新しく作られていません。

なので点検などをしてもらったら交換した方がいいパーツが見つかった場合、10年が経過していた場合はパーツがなく新しいのに交換するか、パーツがあれば修理をするかの2択になってしまいます。

ここで気を付けなくてはいけないのが、修理の場合、他のパーツが壊れてしまった時にそこのパーツがなく、新しいのを購入して設置するしかないというケースもあります。

修理のパーツも数千円から数万円することもあります。

基盤が壊れてしまったら数万円かかるので、そういう場合は新しいのに交換することがベストです。

給湯器も10年が経過すると新しいモデルも出ていて、さらには安全装置が増えていることがあり、異常が発見しやすい様になっています。

給湯器は安全装置が働くと、燃焼を一切しなくなるので、お湯がでません。

そうなったらガス会社か給湯器メーカーに連絡をしましょう。

You may also like...