カーエアポートを設置する一戸建てが増えている

地方を中心に一軒家の家でカーエアポートを付ける家庭が増えています。

新築で一軒家を建てる人は、吹きさらしの駐車場にするのではなく、車庫を最初から検討している人が多いです。

車庫と言ってもシャッタータイプではなく、ボタンで入り口を開閉できて静かなタイプのモノがほとんどです。

カーエアポートは一戸建てで駐車場はあるけど、庭と直結している、庭の真横にある家庭が駐車場部分だけリフォームするケースが増えています。

カーエアポートであれば、工事も1日程度で終わり、費用も高くないので駐車場に屋根を付けたいという人にはピッタリです。

カーエアポートは駐車場のエリアに4本の柱を立てて、U字型もしくは平らな屋根を4本の柱で固定するだけです。

そのため、車庫の様な入り口もないので出入りはとても楽です。

カーエアポートを付けた人の多くは、ゲリラ豪雨が頻繁に降る様になったせいで車からなかなか降りることができない、車に乗り降りするために傘をさしていても傘が役割を果たさない、黄砂がヒドくて車がスグに汚れてしまう、異常気象で雹が降って来て自動車のボンネットに当たって修理の金額がバカにならなかった、などという理由が多いです。

今、自動車の任意保険のシステムが大きく変わったために、雹やイタズラなどによって傷付いた部分を修理するために自動車保険を使って直したら翌年1年間の保険料が事故車両扱いになってしまうので、金額がとても高くなります。

その点を考えると、カーエアポートを付けた方が反対に安く仕上がった、今後のコトを考えたらカーエアポートを付けた方が賢明かと思ったという人が多いです。

任意の自動車保険のシステムが変わったために、自損事故などの場合に保険を使って修理をすると修理代は安かったけど、翌年の保険料が予想以上に跳ね上がって驚いたという人は多いです。

そのため、たったこのために自動車保険を使って直すのはどうだろう、と考える様になり、自動車の修理に対してシビアな考えを持つ人が増えました。

結果としてカーエアポートの設置件数が増えたと言っても過言ではないかもしれません。

You may also like...