学生寮の人気、再び

学生寮と言えば、高校や大学などで県外や遠方から来る学生たちが自宅から通学せずに下宿をする場所です。

最近では、レオパレスなどのウィークリーマンションやマンスリーマンションなどで独り暮らしをしている学生も多いです。

その理由は、下宿でお金がかかるのは水道やガス、電気などの公共料金です。

学生時代に公共料金を払えなくて、一時的に電気が止まっていたという経験をした大人もいるのではないでしょうか。

レオパレスの場合は、物件にもよりますが基本的には家賃の中に公共料金も含まれているので、いくら水道を使っても電気を使っても問題はありません。

しかしレオパレスはウィークリーやマンスリーなどの月極みたいなアパートなので人の出入りが激しい所は激しいので不安です。

ところが最近、近隣住民とのトラブルなどや学生を狙った詐欺などが増えているため、独り暮らしではなく学生寮で暮らす学生が増えています。

学生寮と言ったらあまり響きは良くないですが、学生専用のシェアハウスと言った方が今の時代に合っているのではないでしょうか。

学生寮も昭和から平成に年号が変わって、独り暮らしをする学生が増えたコトで学生寮は数を減らして行きました。

ところが、学生寮であれば管理人が住んでいて、食事もきちんと出て、人の目があるということで、学生寮を希望する親が増えて来ています。

子供からすれば、念願の独り暮らしが監視付きかと思ったらテンションが下がってしまいますが、今の時代は学生の考え方も違って独り暮らしよりも学生寮を希望する学生も多いです。

その理由は、女子学生の場合は管理人の目があるから知らない男性がアパートにいたりしない、学生寮に住んでいるからと付き合いを断ることができるからというものです。

You may also like...