小屋がブーム

小屋と言えば、あまり良いイメージを持っていない人もいるかもしれませんが、今小屋が静かなブームを起こしていることをご存知ですか。

小屋がブームとなっているのは、天災などで家の修繕がまだできていないけど住み慣れた家で生活をしたい、親の介護で実家に戻って来たけど自分の部屋がなくてストレスがたまるから自分だけの部屋が欲しい、などから家の庭に小屋を置くというケースが徐々に増えて来ています。

いちばんのメリットは小屋の場合、家ではないので固定資産税を払う必要がなければ、不要になった場合にすぐに撤去できるという点です。

また、家をリフォームするよりも時間もコストも削減することができます。

小屋と聞いたら、掘建て小屋やコンテナみたいなイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

確かに少し前までは、コンテナを貸事務所や駐車場の管理人室などでの利用が多かったです。

コンテナの場合は、コンテナの中に机などは置くことができましたが、トイレなどはお祭り会場などにある外付けのトイレがほとんどでした。

ところが、最近の小屋ではトイレを小屋の中に設置することもできれば、キッチンなども設置することができます。

小屋の広さも3畳と小さめの小屋もあれば6畳といった一部屋サイズの小屋もあります。

6畳の小屋であれば独り暮らしの学生向けのワンルームの様な部屋にすることもできます。

そのため、6畳を小屋を広い土地に何個も置いて、部屋として貸すビジネスをしている人もいます。

最近の小屋は外装もお洒落なので、見た目的に普通の一軒家とあまり変わりません。

そのため元々からある一軒家にくっつける様な形で小屋を置いて、外装を一軒家と同じモノにすれば、小屋として気付く人はあまりいません。

価格も100万円以下と言う手頃な価格なので、一時的に部屋を広げたいと言う時にも小屋は便利です。

You may also like...