マンション価値は大規模な修繕工事にかかってくる

中古でマンションを購入する際に、ひとつ気を付けなくてはいけないのが築年数と最後にした大規模な修繕工事です。

中古でマンションを購入するのであれば、大規模な修繕が終わってからの方が賢明です。

なぜなら大規模な修繕の前に購入してしまうと、入居の年数に関係なく大規模な修繕工事の不足分が管理費に上乗せされてしまうからです。

多くのマンションは、大規模な修繕工事を目の前にして管理費が上がる所がほとんどです。

そのため、マンションを購入する契約を交わした時の管理費が月5千円だったものが、月1万円になることがあるからです。

管理費が上がると、家計に大きな負担を出してしまうことが多いです。

そのためマンションの管理費を滞納する部屋も出て来てしまいます。

一戸建てなら外見がボロボロになっても壁が変色しても、自分が気にしないのであれば何も問題はありません。

マンションの様に数年置きに修繕工事をする必要がありません。

家の持ち主がリフォームをしたいと思った時にできるのが、一軒家のメリットと言えばメリットになります。

マンションは一戸建ての住宅よりも傷みやすいと言えば傷みやすいかもしれません。

マンションがこまめに修繕工事をするのは、マンションの価値を下げないためでもあるのです。

最初に建ってから一度も修繕工事をしていなかったら、マンションを売却しようとしたら価格はかなり低いです。

最悪の場合、500万円を下回ることも珍しくないです。

修繕していないとなれば、配水管などもサビたりしている恐れがあるのでマンション価値が相当低いです。

マンションを中古で購入するヒトは、大規模な修繕工事の有無をすごく気にします。

大規模な修繕工事をしていなければ、価格交渉でも下げることしかできません。

You may also like...