機械式駐車場は自動車の買い替えが大変   

日本は今、空前のマンションラッシュです。

一戸建て住宅よりもマンションの購入を考えているヒトが多いです。

マンションでの生活を希望しているヒトは、一戸建て住宅よりも人付き合いが楽だし、管理人がいるから安心できる、という点がマンションを選択する決め手となっています。

しかし、マンションは限られた範囲内での生活になるので、住戸数が多くなればなるほど広い敷地がないと、駐車場が機械式になるコトが多いです。

最近では平面100%という新築マンションはとても少ないです。

平面の割合が多くても何%かは機械式の駐車場になるか、平面は2台のみで残りは全て機械式の駐車場というマンションもあります。

機械式の駐車場は平面の駐車場に比べると、メリットよりもデメリットの方が多いです。

平面の駐車場だと自動車を買い替えるにしても横幅を気にするくらいで車高などは気にする必要はありません。

そのため、何も気にすることなく自動車を買い替えることができます。

機械式駐車場になると、幅だけでなく車高や重さに制限が設けられます。

特に難しいのは、車高です。

最近の軽自動車は室内空間を広くするために車高がとても高いです。

後部座席を倒せば自転車を乗せることができるという軽自動車も増えています。

どちらかといえば、普通自動車のハッチバックの方が車高が低かったりします。

そのため、小回りができる軽自動車を購入したいけど機械式駐車場に入らないからと普通自動車に仕方なく買い替えるヒトもいます。

また機械式駐車場だと機械を動かすので、深夜などの静かな時間帯だと機械音がうるさいという騒音まではいかないけど、機械音が大きいコトを気にする住民も少なくありません。

You may also like...