リフォーム料金

塗装 リフォーム 東京 足立区 内外特殊建装 〒123-0872 東京都足立区江北 1-14-2
フリーダイヤル 0120-55-4313

リフォームを行なう場合、先ず、実施したい項目を列記して、自分でも大略xx万円位で出来ることの目安を付けて、必要資金の調達方法を考えます。

大体リフォーム費の目安は、図書館などで建築工事費標準表がありますので、これを調べると、物量単位ごとの価格が出ていますから、おおかたの見当は付きます。

例えば、塗装費は1平米当たりy 円、配管費は1メートル当たりz 円と言った具合です。このようにして、大体の必要費用を計算して予算をたてます。その上で、2〜3社のリフォーム業者に見積もり依頼をしますが、あまりにも金額が違う場合は、もう一度工事範囲や内容を検討しましょう。

というのも無理して予算内ですべての工事をやっても、良い工事は出来ませんから、事情を話して柔軟な態度で工事内容を決めることです。

そして、ちゃんとした業者は、工事ごとの所要品や人工の見積を提出しますが、いい加減な業者は、明確な見積もりを提出しませんから、この段階で除外しても良いでしょう。

引合い・見積打ち合わせの段階で、打ち合わせて確認した事項は、必ずメモを取って、同じメモを契約書に添付します。
出来れば、図面や工程表などが用意されることを望み

ます。ここまでやっておきますと、お互いに信頼関係が出来て、後で問題を起こすことが無いと考えられます。リフォーム工事には、様々な下請け業者や職人が関わってきます

ので、指示がずれることもありますから、時折、工事の途中に確認する事が必要です。きちんとした業者は、使用材料が一般的でないものは、必ず現物での確認を施工主との間で行ないますが、時にはそれを忘れることもあるでしょうから、その場合は、こちらから言って確認する方が間違いありません。


近辺の家屋が近い場合は、前もってリフォーム工事のことを話して、音やゴミなどで迷惑が掛かることも、挨拶して了解を取っておくことです。工事が始まって、打ち合わせ事項と異なる工事をしている場合には、直ちに打ち合わせメモを見せて、その通りに工事するよう監督者に伝えることです。


また、工事終了後は、全ての項目を確認して引き渡しを受けましょう。

BLOG

| HOME | 会社案内 | 参考プラン | 施工例 | サイトマップ | |
営業エリア
足立区・荒川区・板橋区・葛飾区・江東区・渋谷区・新宿区・杉並区・墨田区・台東区・中央区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・北区・千代田区・江戸川区

住宅のハウスクリーニング|内外特殊建装 | リンク | 外壁リフォーム屋のブログ